管理薬剤師

管理薬剤師 > 管理薬剤師は転職しても出世できる?

管理薬剤師は転職しても出世できる?

転職をするとまた新人となり、出世に不利な状況になるということは珍しくはありません。薬剤師は転職する人が多いため転職しやすい職業ではありますが、このような不安がありなかなか転職にへ踏みきれないという人もいるかもしれません。薬剤師も他の職業のように、転職をするとなかなか出世できなくなるのでしょうか?
管理薬剤師が調剤薬局で求人を探す場合

まず転職する際に、自分が出世に求めているものを考えてみましょう。 もし、出世に求めているものが、給与のアップである場合は出世のことは気にしないほうが良いと思います。

その理由は、自分の希望年収の職場へ転職すれば良いからです。 また、転職する際に年収の交渉に応じてくれる求人もあるため、そのようなところで勤務したほうが、出世するよりも遥かに速く年収がアップします。

年収以外のもの「肩書」や「責任感」などを求めているのであれば、しっかり考えなくてはなりません。 出世するためには、結果を残してあなたの頑張りが上司に伝わり、あなたが信頼できる人と認められなければなりません。

そのためには、ある程度の期間は継続して勤務する必要があります。 ただし、これはチェーン展開している薬局やドラッグストアなどや、製薬会社などに限ります。 個人経営の小さな薬局の場合は、販売員と管理薬剤師、そしてオーナーくらいしかいませんし、小さな病院で昇進する余地の無い職場の場合は出世は難しいでしょう。

このような場合は、いくら頑張っても、いくら周りから信頼されて頑張りが認められていたとしても、昇進はできないと思います。 そのため、出世を希望していてこのような職場で勤務している場合は、転職をすることがおすすめです。

出世というものが誰もができるわけではなく、努力だけでなく運も絡んできます。 そのため、出世を考える前にまずはスキルアップや年収アップを目指した方がよいでしょう。 ぜひ上手に転職して、ステップアップをしてみてはいかがでしょうか?


こんな薬剤師にならないように注意!

薬局の経営者や、ドラッグストアの人事など、従業員を採用する側にいる人達は、従業員を雇う際に、スキルや経験よりも人間としての部分を重視しているそうです。 経験やスキルは薬剤師にとって大切な部分ですが、そこは時間をかければ誰でもある程度は成長します。

人間としての部分は、自分が変えようと意識をしない限り変えることはできないため、仕事はできても誠実さが無い場合は面接で落とされることが多いようです。 また、調剤薬局やドラッグストアでは患者さんやお客さんと顔を合わせるお仕事なので、患者さんに対しての態度も重要になってきます。

日本薬剤師会には薬剤師に関する苦情などが多数寄せられているようですが、中にはびっくりするような苦情や意見もあるそうです。 因みに日本薬剤師会に苦情を寄せるのは、ファミリーレストランで本社にクレームの電話をするくらい余程のことです。

そのため小さな苦情や不満は、かなりの数があると思われます。 苦情が寄せられて「この人いらない」と思われないようにするためには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

まずは患者さんの立場を考えて行動できる薬剤師になりましょう。 接客業を経験した人ならわかると思いますが、横柄な態度ではクレームが入りますよね? 相手には丁寧な対応をすること、そして患者さんのプライバシーをきちんと配慮するようにしましょう。

また、万が一調剤を間違えてしまった場合、変にプライドを持って謝らないのではなく、素直を受け止める薬剤師になりましょう。 間違いは誰にでも起こりえることですが、そこで変なプライドがあるのは良いことではありません。

そして、一度間違ってしまったことは、きちんと改善するように向上心を常に持つようにしましょう。 現状に満足していたり、知識を磨いていない人は、必要ないと思われてしまいます。

そして何より、薬剤師はコミュニケーション能力がとても重視される職業です。 以前よりも現在のほうがさらに重視されるようになりました、 そのため、患者さんどころか、従業員ともコミュニケーションがとれないようでは、薬剤師としては必要ないと思われてしまいます。

プライベートでコミュニケーションが取りにくい性格なのは大丈夫かもしれませんが、せめて仕事中はきちんと周囲とコミュニケーションをとるようにしましょう。 薬剤師が仕事を選ぶのではなく、企業が薬剤師を選ぶ時代へと進んでいます。 この人はいらない薬剤師だと思われないためにも、どんな薬剤師が理想的かよく考え、目標を立てて理想的な薬剤師を目指していきましょう。

管理薬剤師が面接で失敗する理由は?