管理薬剤師

管理薬剤師 > 管理薬剤師が面接で失敗する理由は?

管理薬剤師が面接で失敗する理由は?

薬剤師は今も求人が多く出されるほど、必要とされている職業ですが、登録販売士制度がスタートした今、求人側と求職側が逆転する日がきてしまうかもしれません。そうなると、薬剤師が仕事を選ぶのではなく、求人側が薬剤師を選ぶという傾向が多くなります。

経験やスキルがきちんとそなわっていれば、即採用される事が多かったのですが、立場が逆転するとそう簡単には採用されなくなってしまいます。 実はもうすでに、現在も経験やスキルだけでは薬剤師は採用されなくなりました。 また、完全に求人側と求職側が逆転する日が来る前に、選ばれるような薬剤師にならなくてはいけません。

不採用になってしまう理由は、経験やスキルだけが原因ではありません。 なぜ面接は行われるのかという理由を考えたことはありますか? ただ、業務内容を説明してもらったり、志望動機などを伝えるためだけではありません。 あなたがどういう人なのかを見るために面接は行われるのです。

短時間であなたの人柄をきちんと見抜くということは難しいですが、面接官はあなたが明るく前向きな人なのか、将来のビジョンや転職理由が明確なのかなどを判断材料として見ています。 例えば、挨拶がきちんとできていなかったり、無表情で暗かったりもぞもぞした話し方だったりすると、はやり不採用になることがとても多くなるようです。

また、転職理由や目標などが明確ではないということ、自分がわかるようにではなく、相手の目線に立って相手に伝わるように物事を伝える能力が欠けているということも、不採用になる可能性がグッと高くなります。 他にもあまりにも自分の希望と、求人先の条件と差がある場合も難しいでしょう。

経験やスキルは時間とももに磨かれていくものですので、それほど高い能力が求められているわけではありません。 現在はコミュニケーション能力の高さが判断基準にされることが多くなっているのです。 また、コミュニケーション能力に問題はなくても、全職場の退職理由がネガティブな場合は不採用になることも多いようです。

確かに不満があるから転職をしている人が多いと思いますが、同じ理由で退職されることを心配され不採用されるようです。 なので例え退職理由がネガティブであっても、ネガティブな理由にして応えましょう。

人間関係に悩みを持っているのならば、もっと明るく前向きに人と接したいなど、不満を解消するための理由を参考にして考えるようにすると良いでしょう。 面接で失敗しないためにも、選ばれる薬剤師になるためにも、きちんと前もって準備をして転職活動を行いましょう。


調剤薬局に就職する前に保険薬剤師の登録を行いましょう

調剤薬局のほぼ全てが保険が適用する医薬品を提供しています。 保険適用の医薬品の調剤を行う場合、保険薬剤師として登録を行う必要があります。 病院の調剤薬局の場合は必要ありませんが、調剤薬局として独立している場合や、調剤薬局と併設のドラッグストアで勤務する場合は必須です。

では、保険薬剤師とはどのようにして登録を行うのでしょうか? まず保険薬剤師は、勤務する保険薬局のある地域で登録を行います。 各都道府県にある地方厚生支局などの機関で登録します。 登録申請は、必ず本人が行い受付をした日が、登録日となります。

申請は窓口でも受け付けていますが、時間のない場合は優勝や電子申請を行うとよいでしょう。 また、申請手続きを職場が行ってくれる場合もあるので、未登録の人は勤務先に問い合わせてみましょう。

登録に必要な書類は、薬剤師免許証のコピーのみであり、費用も無料です。 戸籍謄本なども必要が無いので、免許証さえあればいつでも登録できます。 また、勤務先を明記する欄がありますが、まだ勤務先が決まっておらず記入できない場合でも、自分の住所で登録することができるので、予め登録を完了しておきたい人も大丈夫です。

もしも自分の住所で登録する場合は、住んでいる地域の事務所で手続きを行いましょう。 どちらにせよ、記入した住所の管轄の事務所で申請をしないと、手続きが遅れてしまうことがあるので、間違いないようにしましょう。

登録が完了したら、基本的には勤務先に保険薬剤師登録票が郵送されます。 また登録した事務所のホームページなどでも公示されるので、そちらから確認することも可能です。 登録後は、必要な書類を提出したり、研修などを受講しなくてはなりません。 調剤薬局で勤務する場合は、必ずと言っていいほど登録が必要なので、面倒だと思っても忘れずに必ず行いましょう。

調剤薬局の求人はとても多くありますので、登録をすれば職場選びの幅が広がります。 未登録でも採用後に登録をすれば良い職場もありますが、登録が必須条件の場合もあるので、調剤薬局への転職を考えている人はなるべく早く登録することをおすすめします。